米寿祝いのお祝いの仕方。喜ばれる祝い方とは?

88歳米寿祝いの祝い方

88歳を祝う米寿は、「どうやって祝えばいいのかよくわからない」という方も多いはずです。ここでは米寿のお祝いの仕方について紹介します。

 

 

たとえば、還暦では赤いちゃんちゃんこを着ることがよく知られていますが、米寿では金茶色(黄色)の衣類を着るのが一般的です。そのため米寿を祝うなら、まずは金茶色の衣類を用意してあげるのがいいでしょう。

 

「米寿」という文字から「お米」を贈るケースもあります。お米を使った料理を作って、家族みんなで食べるのもおすすめです。

 

もっとも大切なこと

88歳を迎えられたことを祝い、感謝の気持ちをしっかりと伝えることです。先程紹介したような米寿ならではの慣習もありますが、それ以上にどうすれば相手が喜んでくれるか、みんなが楽しめる祝い事になるか、それを考えることが大切です。

 

料理をふるまうにしても好みがありますので、「どんなものを食べたいか」を聞いておいたり、盛大な祝い事が苦手なら静かに、それでいて思い出に残る日になるよう工夫することも大事。米寿の祝い方は家族ごとに違ってもいいのです。

 

 

プレゼントを贈る場合

趣味に関係するものを贈ったり、日常生活で使えるものを贈ったりすると喜ばれます。お孫さんがいるなら、お孫さんの書いた手紙や手作りのものを贈るのもいいでしょう。

 

米寿は「88歳を祝う日」というのは決まっていますが、それ以外はそれほどはっきりとした決まりごとはありません。逆にいえば、どんな祝い方をしてもかまわないということ。だから、米寿を迎える方の好みに合った祝い方をするのが重要になります。

 

米寿祝いは、普段顔を合わせる機会が少ない人たちも集まる日になるはずです。家族や親戚の繋がりに感謝するのが、いいのではないでしょうか。

米寿のお祝いに喜ばれる過ごし方

ご両親や祖父母の方が米寿(88歳)を迎えられる際に、お祝いをする家庭がほとんどかと思います。お正月やお盆など、親族一同が集まりやすい時期に開催することが一般的。その際に、「どんな風に時間を過ごすのか?」ということで悩まれている方が多いです。

 

経験者の方から話を聞いてみると、やはりご高齢ということで、若い人にはわからないようなニーズや問題点があります。例えば、「何か物が欲しい」という物欲はほとんどないので、プレゼントをする際に、何を渡せばいいのか悩んだりですね。その場合基本的には「気持ちのこもった物」が喜ばれるようです。

 

 

お祝いされる方のことを考えて、「好きな物」「思い出の品」「長寿を祝い物」といったものをプレゼントしてみてください。「高価な物や貴重な物」「使わないような物」をプレゼントしてしまうと、少し重荷になってしまいます。注意が必要です。

 

また、ご高齢ということで、体力面でもあまり無理はさせられません。子供や孫からすると、「盛大にお祝いしたい」という思いがありますが、88歳ともなると長時間のお祝いは身体に負担がかかってしまいます。

 

親族が一同に集まり、お祝いの言葉をかけたりプレゼントを渡したり、楽しく食事をしたりするだけで満足なんだそうです。なので、長くても2時間ぐらいを目安に過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

「どんな風に時間を過ごすのか?」と考えるときには、自分たちが思っているよりも、「少し控えめなイベントとして捉える」という視点を持ってみるといいでしょう。

 

あとは、自分一人で考えるのではなく、他の親族ともよく相談して、参加者全員が楽しめるような時間を目指してみてくださいね。

ゆっくりできる?自宅で米寿祝いをする良さとは?

米寿のお祝いをする会場をどこにするかは、迷うところです。美味しいレストランなどが候補になりますが、自宅で祝うのも選択肢のひとつ。自宅で米寿のお祝いをする時の良いところは、なんといっても家族や親戚みんながゆっくりできることでしょう。

 

盛大に祝おうと有名レストランや高級なレストランで祝うのも、確かに素晴らしいこと。でも、どうしても気を遣ってしまいます。「料理は美味しかったけどかえって疲れてしまった」、なんてこともあり得ます。

 

アットホームな雰囲気で、ゆったりと楽しむなら自宅が一番。慣れない場所だと、どうしてもストレスを感じてしまうもの。慣れた場所を会場にすることも検討してみてください。

 

どこで米寿を祝うのか?

これは米寿を迎えたご本人の考えも確認しておくのがいいでしょう。サプライズで本人には秘密にしたい場合は別ですが、そうでないなら事前に「米寿のお祝いをどこでしたいか?」聞いておくと失敗がありません。

 

料理は自分たちで作ってもいいですし、お店に頼んでもいいでしょう。いずれにしても自宅なら他人に気を遣う必要がなく、ゆっくりとした時間を過ごせます。

 

「自宅だと手を抜いている感じがする」という方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。「どうすればみんなが楽しめるのか?」を考えることが大切。ゆっくりできる自宅は最高の環境です。もちろん、人によって好みは違います。米寿を迎えた人が本当に喜ぶ祝い方とはどんなものなのか、これを意識することが祝う側として大切です。

 

米寿を自宅でお祝いするなら揃えておきたい飾りやお花

米寿のお祝いを自宅で行う場合、飾りやお花を揃えると見た目にも華やかになります。どんな飾りやお花を揃えるのがいいのでしょうか。

 

リング飾り

パーティやお祝いごとで使う飾りとして、もっとも一般的なのが色の付いた紙で作ったリングでしょう。リング同士をつなげていけば、飾り付けができます。準備する折り紙もすぐに手に入るもので、作るのもすごく簡単。たくさん作れば自宅があっという間にパーティ会場に変身します。

 

横断幕

「祝米寿」などと書かれた、いわゆる横断幕の飾りもおすすめです。横断幕はある程度の大きさの布を用意して、そこにマジックなどで文字を書いていきます。家族みんなで、寄せ書きのようにメッセージも添えるとより喜ばれるでしょう。

 

この他にもさまざまなパーティグッズがあります。良さそうなものを使えば豪華さは増していきますよ。

 

お花について

基本的にどんな花でもいいのですが、米寿は金茶色がイメージカラーです。だから、黄色系やオレンジ系のお花が最適。もちろん色は気にせずに、相手の好きな花を用意するのもいいです。

 

ブリザードフラワーは、長持ちするためその後も長い期間鑑賞できます。相手への感謝の気持ちを伝えるために、「花言葉」を意識するのもいいでしょう。たとえば、白いダリアは「感謝」という花言葉なので米寿祝いにぴったりです。

 

自宅で祝う場合、飾りやお花があると雰囲気もぐっとよくなります。特にお花は贈り物としても喜ばれるもの。ちょっとした飾りに加えて、お花を用意しておくと素晴らしい米寿のお祝いになりますよ。

 

自宅での88歳米寿祝いで有名芸人さんなどを呼ぶことはできる?

「米寿祝いをもっとも盛り上げたい」と考える方も多いはずです。芸能人を呼べたら盛り上がりそうですが、呼ぶことはできるのでしょうか?

 

実は芸人さんを中心に、自宅まで出張して芸を見せてくれる人はたくさんいます。個人で依頼することも可能。テレビで見たことのある芸人さんに、米寿を祝ってもらうこともできるのです。

 

とはいえ、毎日テレビで見かけるような大物芸能人を呼ぶのはとても難しいでしょう。スケジュールの都合もあります。もし呼べるとしても、その費用は莫大。数百万円以上になってしまうことも。

 

誰もが知っている超有名芸人は現実的に呼べませんが、それでも有名芸人を呼ぶことはできます。費用も20万円ほどだったりするので、家族や親戚で出し合えば1人1人の負担も軽くなります。

 

ではどうやって呼ぶのか?

主にインターネットや電話から申込します。ホームページを見ると、依頼可能な芸人さんが紹介されています。その中から希望の人を選んでお願いする形です。

 

依頼が成立すれば、米寿祝いの当日に芸人さんが自宅に来て芸を披露して盛り上げてくれます。素晴らしい88歳のお祝いになるでしょう。

 

具体的な費用は芸人さんによっても違います。必ず事前に確認しておきましょう。スケジュールの問題もありますから、呼ぶならできるだけ早めに申込しておくのも大切です。

 

有名な芸人さんが自宅に来てくれれば、一生の思い出にもなります。盛大に米寿を祝うためにも、プレゼントという意味でも素晴らしい企画です。

 

 

米寿のお祝い贈り物、サプライズプレゼントなら

米寿のお祝いにプレゼントを贈る時、あらかじめ欲しい物を聞いておくのもいいのですが、88歳という記念の年にはサプライズプレゼントを考えてみるのもいいと思います。

 

家族でいつもの通りの誕生日のお祝い。そこにサプライズで黄色いちゃんちゃんこと頭巾、座布団などもプレゼント。ケーキを用意するなら、写真やお祝いメッセージをプリントできる写真ケーキもサプライズにはぴったりです。

 

88歳というと高齢ですから、気軽に外食や旅行に行けない場合もあります。こういう時は家に集まって家族で祝ってあげるのが一番のサプライズです。

 

誕生日に米寿のお祝いも一緒にするなら、お祝いメッセージや名前をラベルに印刷したお酒などもおすすめ。家族でお祝いしようとお酒を出し、そこに自分の名前が入っていたら素敵なサプライズになります。飲んでしまった後はボトルを飾っておけますしね。

 

お祝いに行けない場合

一緒にお祝いできない時は、誕生日に間に合うよう手配しておきましょう。お祝いとして贈る品に名前やメッセージを入れる場合、急げば数日でも対応してくれますが、少し余裕を持って注文しておくと安心です。

 

特にサプライズで届くよう手配する時は、時間がないと慌ただしくなってしまいがち。余裕があったほうが贈る方も安心できます。

 

お祝いは直接顔を見てするのが一番ですが、無理な場合はサプライズでプレゼントを贈り、後から電話をかけましょう。直接会って伝えられなくても、電話なら直接声を届けられます。これもある意味ではサプライズですよね。

今、長寿いに大人気の贈り物!おすすめの米寿祝いプレゼントはコレ

米寿の88歳のお祝いです。米寿は、「八十八」が組み合わせると「米」という字になることや、末広がりの「八」という意味からできたお祝いといわれています。

 

米寿ほど人生経験が豊かになってくると、今までたくさんの物を買ったり、プレゼントをもらってきていますので、持っていない物を贈るのはけっこう大変です。

 

そこでオススメしたいのが、オリジナル品。オリジナル品は世界に一つしかありません。もらった時の新鮮度と感動は抜群で、すごく喜ばれます。

 

イチ押しオリジナル米寿祝い

オリジナルと言っても色々な商品があります。色々あるのですが、長寿祝いのオリジナル品といえば、「名前の詩」が断然人気です。「名前の詩」とは、お祝いする人の名前からあいうえお作文のように詩を創作し、額装してくれるサービスのこと。還暦、古希、そして米寿などの長寿祝いにすごく選ばれています。

 

名前の詩のサービスを提供しているショップもたくさんあって、ショップごとに特徴があります。そんな数あるショップの中でもイチ押しが、毛利達男さんの「名前の詩」です。老舗的なショップで、開業13年。6万5千件以上の実績があります。まさに、選ばれているショップです。

 

 

選ばれている理由は、ホームページを見てもらえば分かりますが、言葉は人と人とをつなぐ「絆」を構成するもので、その「絆」から想いが伝わり、感動が生まれるからでしょう。米寿祝いという特別な席に駆けつけてくれた家族、親戚、友人。みんなが集まって撮った集合写真に、その一端が垣間見れます。ホームページでご確認を。

 

 

花なまえの詩

華やかさ明るさで選ぶなら、こちらの花なまえの詩。眺めているだけで元気が出てくるプレゼントです。

 

詩のプレゼントという希少性。自分名前から詩が出来ているというサプライズ性。「長い木」という健康祈願と家族の絆を表すイラストを始め「幸せの青い鳥」「幸福の黄色い蝶々」「ハート桜」など、ハッピー満載の挿絵。とても感動してもらえる贈り物です。

米寿のお祝いの意外なプレゼントとは?

普通、長寿のお祝いといえば、

  • お花
  • 和菓子
  • 陶器
  • お祝いの言葉が書かれた色紙

 

といったものが思い浮かぶのですが、その方はなんと「額」をプレゼントしたとのことです。「額をプレゼントした」、ということを初めて聞いたので、とても意外でした。なぜ額を選んだのかというと…

 

自治体によっては、米寿を迎えられた方に「賞状」を送っているそうです。その方のご両親は賞状をもらって大変喜ばれていたのですが、賞状だけをもらっても飾るものがない…と困っていました。そこで、その賞状を飾る額を、米寿のプレゼントとして渡されたそうです。

 

定番のプレゼントやお祝いのメッセージも喜ばれると思いますが、もしそのプレゼントが使いにくいものや、あまり興味のないもの、趣味に合わないものであれば、贈られる側も嬉しくありません。贈る側も使われないと寂しいですよね。

 

なので、プレゼントを贈られる方のことをよく考えたうえで、「賞状を入れるための額」をプレゼントされた私の知人は、本当に相手のことを考えているのだな、と感じました。

 

米寿のプレゼント選びはなかなか難しいもの。お祝いされる方がどんな問題を抱えているのか、どんなニーズがあるのか、といった視点で考えると、定番のプレゼント以外に、本当に喜ばれるプレゼントが思い浮かぶはず!会話や周囲のアドバイスをもとに選んでみてくださいね。

page top